多額の借金を負ってしまった場合、弁護士などの法律の専門家へ債務整理をお願いする人が多いでしょう。債務整理の手続きの中でも、任意整理が最も早期に解決できます。借金問題を少しでも早く逃れたいという思いから、任意整理の方法で手続きしたいと考えている人が少なくありません。借金の額がどのくらいであれば、任意整理の方法で手続きできるのか知りたいところです。

任意整理の手続きが可能な額は、具体的に決まっていません。強いて言うなら、原則3年間で分割返済可能な額であることです。人によって所持金や収入額など生活環境が違うので、同じ額でも任意整理が可能な場合もあれば、そうでない場合もあります。ただ借金の取引履歴の長い人は、任意整理ができる可能性が高くなります。以前、多くの消費者金融はグレーゾーン問題があったので、利息制限法を超過する利率で貸付を行っていました。そのため過払い金が発生しており、大幅に借金の額を減らすことができるからです。

以前私は、生活費が足りなくなってしまい消費者金融でキャッシングした時に申し込みがWeb完結でしたので手軽にお金を借りる事が出来てしまいました。その手軽さから複数の消費者金融に借り入れをしてしまいやがて借金が膨らんでしまいました。複数の消費者金融に借り入れをしてしまい返済日が月に複数回ありますし借金総額がいくらになっているのか分からなくなってしまいました。それにより返済が困難になり任意整理をして返済しやすい状態にしてもらい完済しました。

消費者金融は自動契約機やWeb完結申込など便利な申込方法があるので手軽にお金を借りる事が出来るようになっています。一度借りてしまうと手軽なのでお金を借りているという感覚もなくなってしまいます。そこが消費者金融の怖さだという事を今回の件で改めて実感しました。これからは消費者金融をなるべく利用しないようにして計画的にお金を使うようにしようと考えています。

PR|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|初値予想|サプリメント|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|